雑記

暇人必見!何度でも見れるYouTubeの神スポーツ動画を紹介しておく

こんにちは、しいらけい(@shirakeei)です。
今回はコラムとして、一生見続けてしまうであろうYouTubeの動画を
厳選して紹介します。100%、どれかしら気に入ると思うので、
暇なときにどうぞ。

つい暇なときにYouTubeを見る、という癖がついてから、
もう何年経ったのだろう。

僕はそこそこ強めなYouTuber(見る側)だという自負があるが、
今回はその中でもついつい見てしまう・・・

というか、もう一生見続けるのでは、と思う動画を紹介していく。

まずはスポーツ動画に絞って紹介していくが、全て観るとかなり時間が
かかるので、ブックマークでもしてチョコチョコと楽しんで欲しい。

バスケ:スカイフック

一発目はバスケ。

「バスケ最強の必殺技は?」の質問の答えは、所説ある。

オラジュワンのドリームシェイク、カリーの3ポイント、シャキールオニールの
シャックアタック

どれも、バスケを知らなくてもワクワクするものばかりだが、
中でも圧倒的一位はNBA史上最多得点シューターのカリームアブドゥルジャバ―
が放つ「スカイフック」だろう。

フックシュートには何種類かあるが、この「スカイフック」は恐らく
過去にも未来にも、ジャバ―一人のみが打てる必殺のシュートである。

その正体は、ゴールよりも高い位置から投げ下ろしてぶち込む特殊なフック。

動画を見ればわかるのだが、そもそも物理的に止めるのが不可能な上に、
バスケには「ゴールよりも上にあって最高到達点を過ぎたボールには触ってはいけない」
という規則があるため、なんとルール的にも止めるのが不可能なのだ。

この技を可能にしたのは、ジャバ―の超絶技巧と218センチというずば抜けた長身。

ここまで説明すればもう十分、あとはそのチートぶりを見て楽しんで欲しい。

3つ目のシュート辺りから神業と化している。

こんなもの放ってきたら止める気が失せるだろう。

ちなみにオラジュワン選手の「ドリームシェイク」とも迷ったので
こちらも貼っておく。

名前の通り、複雑怪奇なステップで相手がまるで幻覚か夢でも見ているかの如く
惑わされているのがわかる。

スマホだと見にくいかな・・?

まるで舞っているかのような動きに、思わずくぎ付けになってしまう。

あと地味にBGMが合っている。

野球:町田友潤選手の守備

甲子園は様々なバケモノを生み出してきたが、
その中で「史上最も守備の上手かった高校生は?」の答えが、
恐らくこの町田友潤選手だ。

町田選手は、常葉菊川の二塁手をつとめ、「甲子園史上最高のセカンド」とも
呼ばれる華麗なプレーを繰り広げた。

その悪魔的な守備を表した名解説「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」は、
「大迫半端ないって」と併せて、高校スポーツ界のダブル名言だといえる。

説明が長いのもアレなので、とりあえず動画を。

最初の30秒過ぎたあたりから、目が離せなくなる。

こちらもヒキの絵が強いので、スマホで見にくいようであれば
1分4秒1分40秒の超イケメンプレーをせめてチェックしてほしい。

町田選手はその後はプロに行かず、ヤマハで社会人野球の道にいったとのこと。

見たかったな・・・プロで。こんな選手は現れるのだろうか。

ちなみに世界一の守備はというと、ほぼ間違いなくメジャーのアンドレルトン・シモンズ選手

ここまでくると、なんかある種のショーでも見ているみたい。

ボクシング:悪魔王子ナジームハメド

名作漫画「はじめの一歩」は誰でも聞いた事があるタイトルではないか。

その、長い歴史を持つはじめの一歩の中でも、屈指の人気試合がある。

それが、主人公幕之内一歩の兄弟子、鷹村守VSジュニアミドル級世界チャンピオン、
ブライアンホーク

このチャンピオン、ブライアンホークってのが華のある悪役で、
女好きの破天荒なチンピラ野郎かと思いきや、変幻自在のスタイルで
作中最強クラスの鷹村を絶体絶命まで追い詰めていく。

この試合の熱さを語ると60記事くらい使ってしまうが、
そのホークのモデルになったのが、「悪魔王子」ことナジームハメド。

作中屈指の悪役のモデルだけあって、実際のファイトスタイルは
華麗かつ凶悪

あいてをおちょくるように踊り、クネクネと動き、羽のように舞ったかと思いきや
突然の一撃で相手をマットに沈める。

1分9秒からの神業ディフェンスと強襲など、漫画そのもの・・
でも憎らしいほど強い。

なんでこんなメチャクチャな変則スタイルが強いんだよ、と思ってしまうが、
冗談のように相手が倒れる。

バネ人形みたい。

K1:ブアカーオ襲来

K1全盛期、魔裟斗選手はヒーローだった。

2003年。K1 WORLD MAX。

前年度王者アルバートクラウスを決勝で倒し、日本中の
格闘ファンを熱狂させたのが魔裟斗選手。

続く2004年の世界大会、順調に決勝にコマを進めて
連覇を狙う魔裟斗の前に現れたのは、立ち技最強との呼び声高い
ムエタイからの刺客、ブアカーオ

どこかで「ムエタイなんぼのもんじゃい」と斜に構えていたような
ファンも、ゴングがなった後に唖然とすることになる。

日本人の世界王者が、成す術なくボコボコに打ちのめされている。

「嘘だろ・・」

そのムチのようにしなるミドルキック、顔面まで飛んでくる前蹴りに、
「タイ人やばすぎる」と誰もが感じたことだろう。

その死闘の様子が下記。

準決勝までのダメージで魔裟斗選手が満身創痍だったことは否めないが、
それを踏まえても前年度世界王者を子ども扱いするブアカーオはすさまじかった。

ちなみにこの二人、2007年の世界大会でも激突していて、、
この試合もアツい。勝敗は見てのお楽しみ。


陸上:異常な7歳

陸上は、度肝を抜かれた動画がある。

「ネクスト・ボルト」として名高い ルドルフ・ブレイズ・イングラム君。

この動画に関しては特に説明不要か。

わずか7歳で100m走「13秒48」

そのスピードもさることながら、フォームがもう・・・・。

スポーツ動画に「チート」って表現が似合うものが多いけど、
こと陸上はそれが顕著である。

グダグダ言わずに載せておこう。

次点で、桐生選手の体育祭リレー。

34秒から、二走目の一番外。

1走目がバトン落としたのに、なんかおかしいことになってる。

サッカー:イブラヒモビッチの「ばかっこいい」動画

サッカーは本当に迷ったからラストにした。

・・迷ったが、先ほどボクシングで挙げた「ナジームハメド」のような
変則スタイルが好みの僕にとって、イブラは外せなかった。

まるで、一昔前にはやった「ばかっこいい」動画のような、
何回も撮り直しをしたかのようなゴール集。

テコンドー+サッカーという足技偏差値の高い経歴、恵まれた体格から
成すプレー。そしてそのカリスマ性あるキャラクター。

こういう悪の王様みたいなキャラ、いるよね。
アイシールドの金剛阿含みたいな。

という訳で、イブラヒモビッチの変態ゴール集をどうぞ。

1分24秒からのゴールを見れば、もうお腹いっぱいだと思う。

ちなみに、イブラの自伝も破天荒で超ワクワクするので、
是非読んでみて欲しい。

なお、次点で迷ったのはノイアーの変態的セーブ

「こんなの絶対止めないだろ」というのをバチンバチン止めていて、
超ワクワクするんだよな・・ということで載せておく。

僕が一番好きなのは、3分52秒からの「まだ生きてやがるッ」っていうプレー。
せめてそこだけでも見て欲しい。

まとめ

ほかにも、アメフト、テニス、バレー、その他の競技、あるいは
マイナー選手の動画などここに書きたいもの載せたいものが沢山あるが、

あまりに量が増えてしまうのでとりあえずここまで。

この記事は定期的にリライトして紹介する内容は増やしていきたい。

最後に、疲れた時に見てしまう、妙にクセになる動画を2つだけ載せて終わる。

たまにはこういう記事も悪くない。きっと。

ちなみに普段は下記のようなマトモな記事を書いている。

Googleが求める人材を、採用要件から丸裸にしていく|いつでも低速PDCA 超一流企業で学んだ、タスク管理&todo処理がデキる人/デキない人の話|いつでも低速PDCA サラリーマン辞めたいけど怖い、なら「パラレルキャリア」で人生変わるかも|いつでも低速PDCA

Twitter(@shirakeei)ともども、引き続きよろしくお願いします。

ABOUT ME
しいらけい
超一流企業勤務からパラレルキャリアへ。■「会社やめれば?」言われるレベルのポンコツ➡死ぬ気でトップ評価に➡生活は大して変わらず➡専業リーマンを見切ってパラレルキャリアへ。■就活戦略、これからのキャリア、したたかに企業勤めする方法、汎用スキルアップなど とりあえずオススメの記事を読んでみてください。