アプリ

東南アジア旅行の持ち物は?Grabはじめ「三種の神器」が旅を変える!

装備さえ整えれば、異国情緒を満喫できる東南アジア旅行。
今回は旅を左右する「3種の神器」を紹介する記事です。

東南アジア旅行の悩みをまず一つ挙げるなら、

タクシー関連が鬼のように面倒くさい、というものがある。

雑多な街中での捕まえ方も不安だし、
そこからの料金交渉なんて考えたくもない。

この傾向は、慣れていない海外初心者の方ほど顕著だろう。

おとなしくボラれるかムキになって国際戦争レベルに
白熱するか
の二択になってしまう。

僕の場合は、初めての海外でボラれる⇒以後は意地でも値下げに行く、
という順で闇堕ちしていった。

もちろん、一連のやりとりは非常に面倒くさい。

日本のように、タクシーに乗り込んだ瞬間には気を抜きたいものだ。

・・そんな「タクシーの悩み」含む、東南アジア旅行あるあるの悩みを
解決するアイテムを紹介していきたい。

いずれのアイテムも、悩みを解決するために大いに役立ったので、
タイなどの東アジアやベトナムなどの東南アジア旅行を考えている方は
是非利用してもらいたい。

神器その1:Grab

まずはタクシーの悩みを解決するためのこのアイテム。

シンガポールに本社を持つアプリ運営企業が提供している、
旅行者に大人気の配車サービス。

Uberに似ているが、提供元は別。
ただ、今回紹介するGrabの方がタクシー料金を節約しやすいと言われている。

客を探しているタクシードライバーと、
タクシーに乗りたい客とを結びつけるマッチングアプリ
といえば伝わりやすいだろう。

自身のアカウントを作成したら、あとは現地で
以下のステップでタクシーを捕まえることが可能。

①乗車地(≒現在地)を設定する
⇒住所入力かマップへのピン立てで選択

②降車地(≒目的地)を設定する
⇒同上

③支払い方式を決定する
⇒現金よりはクレジットにした方がはるかに楽。

④配車タイプを選択する
⇒タクシーのほかに、バイクなども。

⑤決定する
⇒事前に記載されている料金に合意したら、予約を決定する
⇒料金は、その時の需要&共有のバランス加味して決定するらしい

⑥マッチしたタクシーをさがす
⇒マッチすればタクシー№とドライバー名が表示される
⇒近くに該当のタクシーがあるはずなので探す
⇒ドライバーともメッセでやり取りできる

⑦後は見つけて乗り込むだけ
⇒乗った後名前は確認されるはず

オススメポイント

ポンポン作業が進む上に、目的地も料金も決定している上で
乗れるのでかなり楽。

ドライバーとの会話はいらない(冒頭の名前確認くらい?)ので、
グローバルコミュニケーションが苦手な方も使いやすい。

何より、血走った目で他の観光客とタクシーの奪い合いを
する必要もなくなる。

僕はこれで、タクシーを使いまくって主要観光地を
効率よく回っているが、このアプリを知らなければ間違いなく
行けなかった場所もあると思っている。

Grabを使用できる国は?

使用できる国は、全部で8か国。

マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、
インドネシア、ミャンマー、カンボジア

観光で訪れる、主要な国はおよそ網羅されている(はず)。

各国の旅行で是非役に立ててほしい!

Grab使用者の声

▼下記からアプリダウンロードは可能

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

神器その2:ビオフェルミン

次の神器はコレだ。

日本は、世界一衛生環境が良い国である。

幸せなことなのだが、裏を返せば日本人には菌に対抗する力が弱く、
東南アジアで腹を壊す確率は20~50%ともいわれている。

その繊細さは、現地の水はおろか「氷」ですら腹を壊すほど

僕もアイスコーヒーに入っている氷を甘く見ていた為に
腹痛に襲われたりした。

とりあえず、旅のどこかで一回は腹を壊すと
思っておいた方がいいだろう。

その時に、僕の腹の堤防が決壊しなかったのは
整腸剤のおかげだと思っている。

移動のスケジュールに余裕がない、だが腹に大きな違和感が、、

そんな地獄みたいな状況のときには整腸剤だ。

特にビオフェルミンにはお世話になり、
ディナーの直前や4時間のフライト前にやってくる悪魔の呼び声
=GERIへの誘いをコレで乗り切ったこともあった。

もちろん、効き方に個人差があるというのは前提だが。

非常に飲みやすい味と大きさなのもポイント高し。

神器その3:グローバルWiFi

最後は非常に重要なWiFiの話。

「どの国行くにも大切じゃね?」と思うあなた。

確かに、どこに行こうがネット環境は大切なのだが、

特に東南アジア旅行は、テンプレ観光地を回るだけでなく、
飛び込みで屋台や雑貨屋に入る動きが多くなってくる。

その時に、口コミや料金相場をサッと知らべて
臨機応変に動くには、優れたネット環境づくり
有能なレンタルWiFiを見極めることが必要なのだ。

どのレンタルWiFiがいいのか?

ここで誰もが悩むのが、「どのWiFiがいいか?」。

様々なサイトで色々な事を言われているが、中でも
人気なのが「イモトのWiFi」と「グローバルWiFi」だろう

僕はイモトとグローバルWiFi、どちらも使ったことがあるが、
トータルではグローバルWiFiがオススメ
※あくまで個人的な意見で、イモトWiFiを否定するものではないです。

初めて使ってみて、繋がりやすさ、価格設定、手配のスムーズさ
トータルで優秀なWiFiだと驚いた。

まず繋がりやすさだが、4G・LTEプランは1週間弱の
滞在を通じてストレスが非常に少なかった。

街中でのとっさの検索、Facebook、Twitter、Instagramいずれも
問題なく使用することができた。

さらに、イモトのWiFiを上回るコスパにも注目。

例えばタイでの 4G・LTEプランを例にとると、
イモトのWiFiは500GB上限で1日1,280円の見積もりに対し、
グローバルWiFiは600GB上限で1日1,170円の見積もりだ。

更に受け取りと返却が空港のカウンターにてソッコー出来る
という点も踏まえると、最強なのでは・・。

一つ欠点をあげるなら、サイズがやや大きい事か

もっと小さければ、言う事なしなのだが、、。
まあ、それを踏まえてもトータルで一番かなと思ってる。

グローバルWiFiの使用者の声

▼そうだ、書き忘れてたけど変換プラグもあるんだこれ。

▼下記の企業公式サイトからグローバルWiFiは申し込み可能。

まとめ

事前にアイテムを押さえているだけで、
旅は大いに変わる。

「タクシー」「整腸剤」 「WiFi」 もとい
「Grab」 「ビオフェルミン」 「グローバルWiFi」
があれば良い旅になるはず。

いずれも用意するハードルは高くないので、
是非三種の神器をもって旅を楽しんで欲しい。

ちなみにチケットを取るのであれば、sky ticketなどの
サービスを使うとよい。

業界最安価で探せるうえに、会員登録もいらないのがポイント。

▼購入は下記から可能

また、複数で旅行に行くのだとしたら、現地での遊びに困った時の
奥の手として進化した大貧民をオススメする。

それについて詳しくはこちらの記事で。

それでは、引き続き宜しくお願い致します。

ABOUT ME
しいらけい
超一流企業勤務。人としては二流。【就活×競技】【ビジネス情報×遊び心】がテーマ。就活生には戦い方を、社会人には暇つぶしを。 とりあえずオススメ記事を見てみて下さい。