仕事

摩天楼を夢みて―ブラック企業の壮絶営業サバイバル映画の話

血で血を洗う、セールス合戦を観たいですか。

仕事のモチベーションを上げるために、僕はよく映画を観る。

ハッピーな映画を観て気分を切り替える、、というやり方も勿論するが、
一方でハードな映画を観て冷や汗をかくことも好きだ。

「この映画より、今の状況マシじゃね?」

と思えるからだ。
経験上、こういう形でのリフレッシュ方法を好む層は一定数いる。

今回はそんな人たちのために、明日の仕事のモチベーションとなる映画を
コラムとしてサックリ紹介したい。

第一回目はこれ。

名作「摩天楼を夢みて」だ。

「摩天楼を夢みて」あらすじ

映画『摩天楼を夢みて』の感想・レビュー[917件] | Filmarks

ニューヨークの不動産ブローカー達が繰り広げる、ビジネス・サバイバルドラマ。
舞台は超絶ブラックの不動産会社。

営業マンたちの稼ぎは成績次第。成績優秀者には優良顧客リストが与えられるものの、
他の人間にはゴミみたいなリストしか与えられることはない。

そんな営業マンたちの売り上げ争いは、ある戦略会議を境に激化することになる。

本社から派遣された幹部が、成績不振者を罵倒した挙句
「月間成績トップと2位以外は解雇する」と宣言したのだ。

その日から、男たちの生き残りをかけた営業戦争がはじまる。

さて、一発目にしてコアな映画だが、間違いなく名作である。
「往年の名作」系が苦手な僕でも、息をのんで観入ってしまった。
営業マンにも、内勤にも是非見てもらいたい一作だ。

キャッチコピーは「1993。男たちはスーツとプライドで武装する。」

契約を取った奴が正義。取れなければゴミ。嘘も残業も、売り上げさえあれば問題なし。
その凄惨な設定に引き込まれてしまう。

ただ、これは単なる「キャッチーな映画」では終わらない。

この契約を取れるか、取れないかで明日からの人生が変わる。
次の一言をどう絞り出し、相手を騙すか。

そんなヒリついた緊張感が始終漂っているのである。

その秘密は、豪華すぎる役者陣。

アルパチーノ。ジャックレモン。エド・ハリス。

豪華すぎる。「演技で殴り合っている」というのは絶妙な例えだと思う。

この人たちの演技が迫力あるせいで、群像劇なのだが全員に感情移入してしまう。
各セールスマンが感じる危機感が、自分のことのようにリンクする。

個人的な見どころ

何といっても、社内トップ営業マンであるリッキーローマ(アル・パチーノ)の
色気&凄みあふれるセールストークは見ものだ。

バーでたまたま出会った男を口説き、土地を買わせにいくのだが、
その語りの「オーラ」がスゴイ。相手の目が魔術にかけられたように変わっていくのが分かる。

その場面だけでお腹いっぱいだ。

また、老セールスマンを演じるジャックレモンの悲壮感タップリのセリフも
この映画を特別なものにしている。

あの必死感、、観ているうちに、熱いのか冷たいのかよく分からない汗をかいてしまった。

まとめ

  • 超ブラック不動産会社を舞台にした、ブローカーたちのセールス合戦の話
  • 豪華俳優陣による、「演技の殴り合い」な映画
  • 群像劇だが、全員に感情移入してしまう

この映画の一番の効用は、観終わった後に仕事の悩みが軽く感じること

「まだ生活は保障されているだけマシだ」とか、

「自分もこれくらい命削ってやったらレベルアップ出来るのでは・・」

と思わされるからだ。
ちなみに命削って仕事をするのは絶対に止めて頂きたい。

観終わったあとは、なにかズドンと重い気持ちになるので、
日曜の夜よりは平日週半ばあたりに観るのがお勧め。


後半戦の気持ちを切り替えるカンフル剤に使おう。

他にもオススメの映画はたくさんあるが、
「自分の仕事に価値を感じない」や「現状に感謝より不満を感じる人」
なんていう方は、是非とも下記を観て欲しい。

【素晴らしき哉、人生!】歩んできた人生の大切さに気付き、泣ける映画|いつでも低速PDCA

また、歯を食いしばって戦うのではなく、笑いながら、弱みをさらけ出して
自分らしく戦いたい方はこの映画をオススメします。

翔んで埼玉-「愛あるイジリ」から生まれる爆発力の映画|いつでも低速PDCA

それでは、引き続きよろしくお願いします。

ABOUT ME
しいらけい
超一流企業勤務だけど人として二流。「会社やめれば?」言われるレベルのガチ落ちこぼれ社員➡なんやかんやトップ評価もらって➡パラレルキャリア満喫中。ブログは【就活×競技】ほか、【ビジネス×遊び心】、ニュースへの見解など。地獄に戻らないために考え続ける。