仕事

【カジノディーラー目指す人向け】年収や需要、日本カジノ学院について説明する

こんにちは、しいらけいです。
この記事では、カジノディーラーの需要や年収、

就職方法について記載しています。

今後、日本で需要が増える職業の一つに
カジノディーラーがある、というのは共通認識だろうか?

海外ではすでにディーラーは「専門職としては花形の一つ」
という扱いだが、これに日本も追随する形になるのだろう。

日本に通称カジノ法案なるものが出来て、


カジノディーラーの今後の需要に注目され始めてから
もうずいぶんと経つ。

この記事では、カジノ法案カジノディーラーの需要と年収
そしてディーラーになるにはどうすればいいかをまとめるので、

ディーラーをめざす人も、興味半分の人も参考にしてほしい。

カジノディーラーを取り巻く環境

まず、記事の前半でディーラーを取り巻く市況についてまとめておく。

「カジノ法案」「カジノディーラーの需要と年収」についてだ。

既に知っている部分がある人は、遠慮なく読み飛ばしてほしい。

カジノ法案について

まず、なぜカジノディーラーが、
今後日本で需要を生むと言われているかといえば、

2016年に成立した「カジノ法案」が大きな要因だろう。

この「カジノ法案」、ただの通称で、
正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」 という。

いや、長いよ。

コレどういうものかというと、

「カジノを含む統合型リゾート施設(=IR)を作ってブチ上げようぜ」

という法律である。

つまり、カジノ法と言っているけど、単にカジノつくってこうぜ・・
とだけ言っている訳ではなく、

映画館とかレストランとかスパとかスポーツ施設とか、
諸々を含めた複合施設を想定しているのだ。

なぜ、日本にこんな法案が出来たか?

その理由は単純で、外貨をゲットする事だ。

そのために、娯楽施設とか宿泊施設の中に
「カジノ」もちゃっかり混ぜて法案化されたのだ。

その方が観光地として、海外の方から人気が出るでしょ?
地方の財務も改善しちゃうでしょ?

という話。

これが背景。

いつからカジノは日本にできるの?

じゃあいつからカジノって日本にできるの?
という話だが、

これは2024年が目安と言われている。

「ええ、そんな先?」と思うかもしれないが仕方がない。

法案が通ればいいという問題ではなく、そこから
やらなくてはいけないことが山積みなのだから。

政府、自治体、IR事業者が踏むステップには9ステップある。9ステップとは、①政府が基本方針を策定・公表、カジノ管理委員会を設置、②自治体が実施方針を策定・公表、③自治体がIR事業者を公募・選定、④政府が自治体から区域整備計画の認定申請を受付、⑤政府が区域整備計画を認定・公示(自治体とIR事業者が決定)、⑥選定された自治体がIR事業者と実施協定を締結、⑦カジノ管理委員会がIR事業者の免許申請を受付、背面調査を実施、⑧カジノ管理委員会がIR事業者にカジノ免許付与、⑨IR事業者が開業、である。

https://toyokeizai.net/articles/-/216423?page=2

実に9ステップ・・。

東洋経済オンライン曰く、日本が参考にしているシンガポールは
事業者選定で2年、開業までは5年かかったという。

カジノが出来るとしたらどこ?

この記事を書いている2019年6月現在は、各自治体が国にPR中だというが、

候補とされている場所(≒立候補している自治体)は9つ。

  • 北海道(苫小牧)
  • 東京(お台場)
  • 千葉(幕張新都心)
  • 神奈川(横浜・山下ふ頭)
  • 静岡(牧之原市)
  • 大阪(夢洲)
  • 和歌山(マリーナシティ)
  • 長崎(佐世保市)
  • 沖縄(海洋博公園・美ら海)

以上の場所になる。

恐らくこれらのうち一極に集中するのではなく、
首都圏&南北に分散されるとは思う。

日本のカジノディーラーの需要は?

現在の海外のカジノ施設は、24時間営業が行われており、
一か所のIR施設では1,000~3,000人のカジノディーラーが
働いているという。

事業所が仮に5か所で開設されるとなると、

恐らく1万人前後はディーラー&スタッフが必要とされるのではないか、

ということが予想されている。

そんな人数を確保できるのかは不明だが、
事業所が段階を追って開設されていくとしたら
何とかなるかもしれない。

まあ、全国各所一斉スタートは考えにくいので、
恐らく首都圏あたりから段階を追って
オープンしていくのだろうが・・。

カジノディーラーの年収は?

さてさて。

カジノディーラーの年収ってイイの?って
ところが気になる部分だと思う。

ディーラーの給料は時給+チップで決まるというが、

平均年収jp( https://heikinnenshu.jp/ )調べ、
海外の口コミ調べによると、

平均して560万円ほどだそうだ。

正直、予想よりも上じゃないか?

平均年収範囲は470万円~630万円で、
マネージャークラスになると1,000万もらうケースもある。

ベガスだと、勝っている客は100~300ドル
チップを払ってくれるとか・・。

海外では「手に職」の専門職として人気の高い職種というが、
その理由もわかる。

基礎技術と英語でのコミュニケーションさえ学べば、
海外で勝負することも可能なので、

日本でも今後人気の職種になったとしても不思議ではない。

日本カジノ学院について

じゃあそんなカジノディーラーになるためにはどうすればいいの?

という話だが、

近道なのはディーラー養成スクールに半年~1年通う事だ。

日本にもディーラー養成スクールはちゃんとある。

この記事の後半では、 日本最大級のカジノディーラー育成スクールの、
日本カジノ学院について説明しよう。

ディーラーになりたかったら、ココ一択では?と思うほど
メリットの多いスクールである。

日本カジノ学院概要

日本カジノ学院は、 日本で唯一、全国展開を行っている学校であり、
2019年6月現在は渋谷本校・四谷校・大阪校・名古屋校・福岡校・札幌校
幅広いエリアに展開している。

さらに、 横浜校、池袋校、沖縄校、千葉校、新宿校も
展開予定だという。

この状況が、どんなことを意味しているか?

一言でいうと、需要が伸び続けているスクールということだ。

日本カジノ学院の特徴

全国展開している、という事以外にも日本カジノ学院には特徴がある。

随時入学が可能、個別授業&回数制

土日・平日関係なく通うことが出来る上に、
個別×回数制なのも特徴の一つ。

教習所をイメージすればいいのかもしれない。

上記は最も人気とされる、実際の海外カジノでの研修がついた
プレミアムコースの例だが、

1回2.5H×13回、というように回数制なので
自分のペースで通うことが出来る。

ちなみに、他のコースとしては、

プレミアムコースのメニューから海外研修をぬいた
エキスパートコースや、ディーラーの基本を学ぶ本科コースがある。

ネイティブな英語が学べる

なんと日本カジノ学院は、
ECCと日米語学院との提携を行っている。

そのためどの学校でも、カジノディーラーとして必要な
英語を学ぶことが出来るという。

ディーラースキル×語学スキルの掛け合わせで、
市場価値がアップすることは大きなメリットである。

進路先が豊富

日本カジノ学院の武器はまだある。

海外の多数の大手カジノと提携しているため 、
卒業後の進路もかなり開けているのだ。

シンガポール、ベトナム、フィリピン、カナダ、ニュージーランド など、

日本カジノ学院の卒業生ならではの選択肢がある。

日本カジノ学院の料金

料金は、入学費100,000円(税別)に加えて
教材費がコース別に20,000~30,000円。

なお、プラスで海外研修に参加する場合は、
宿泊費や航空代がかかる。

日本カジノ学院入学の流れ

入学の流れは以下の通り。いたってシンプルだ。

①学校説明&オープンスクール

②入学金支払い

③実技授業

④学科授業

⑤カリキュラム修了

日本カジノ協会発行ライセンス試験

最後に試験がちゃんとあるが、これは自分のレベルに合わせて
オープンアドバイスという2種類が選べる。

ちなみに内容としては、筆記やカジノ英会話、実技がある。

まとめ

海外ではすでに花形専門職、日本でも今後需要が出てくる
カジノディーラー。

スキルも、ディーラースキルだけでなく
英会話スキル接客スキルなど多数のものが身につく。

もしディーラーを志しているようなら、
無料体験のオープンスクールだけでも受けてみてはどうだろう。

https://twitter.com/kotaro444kido/status/1061226489939615744

https://twitter.com/jca_osaka/status/903810258547519489

▼オープンスクールは下記公式サイトから

それでは、引き続きよろしくお願いします。

ABOUT ME
しいらけい
超一流企業勤務からパラレルキャリアへ。「ゆるストイック」が人生のテーマ。■「会社やめれば?」言われるレベルのポンコツ➡死ぬ気でトップ評価に➡生活は大して変わらず➡専業リーマンを見切ってパラレルキャリアへ。■就活戦略、これからのキャリア、したたかに企業勤めする方法、汎用スキルアップなど。 とりあえずオススメの記事を読んでみてください。